シニア層が大好きなネットショッピング!

昔はパソコンが一家に一台あるなんて考えられなかったものですが、今は1台所か数台利用しているご家庭もありますし、無線LANが登場したことで無線を利用してスマホも使える・・・ネット環境がここ数年でびっくりするくらい便利になりました。

そういった中、パソコン、インターネットというと若者の世界という間隔がありますが、現代のシニア層の中にはスマホをバンバンこなす方もいますし、パソコン操作もお手の物という方も非常に多いです。
家庭にいるシニア主婦層もインターネットからお買い物できるという便利な機能を利用し、地元では購入できないものを購入したり、お買い物でもって帰ってくるのが大変な水やお酒類など安く購入するなど実に便利に利用されているのです。

総務省の家計消費状況調査結果という調べによると、ネットショッピングは2014年すでに25%という利用割合があると発表していますし、10%にも満たなかった2002年から比較してインターネットが家庭の中で利用される機会が非常に多くなっているという事を示しています。

またインターネットでのお買い物、ネットショッピングを行う年代別のグラフを見ると、利用するという全体の利用率が73%弱という数字の中、60代以上のシニア層の利用率も73%弱と、シニア層もネットショッピングを生活の中に活かしているという事がわかります。

若い世代とシニア層が考えるネットショッピングのメリット、その違い

若い人たちは近くのお店、実店舗よりも品物を安く購入できる、品物の種類が豊富という事で利用するという方が多いのですが、シニア層は別のメリットから利用されていることもわかります。

ネットショッピングに利点を感じているシニア層の場合、購入したいと思うものを探すことなく検索で見つける事ができ時間が節約できる、自宅に持って帰ることが大変な重いものも楽に購入できる、さらにお店に行かなくても買い物ができるなどをメリットとしてあげています。

実店舗に行かないと購入できない商品をネットショッピングならいつでも簡単に購入できるという便利さ、面倒のないお買い物に魅力を感じているのです。
勿論セキュリティが不安、ネットショッピングが信頼できない、実店舗で実際に商品を見たり触ったりしてから購入したいというネットショッピングをしないという方も大勢いらっしゃいます。

しかし多くのシニア層がネットショッピングという気軽に利用できるお買い物に、便利さや労力の必要ないお買い物に魅力を感じ、ネットを利用してお買い物をするという方々が多くなっていることは間違いありません。

シニア層も今ではパソコンやスマホを利用し、生活の中でうまくネットショッピングを実に巧みに利用されているという実情を見ると、現代のシニア層はチャレンジ精神も新しい事への取り組みも積極性を持っているのだという事を強く感じるのです。