老化防止に役立つのは本当?

アンチエイジング、老化防止に役立つとして話題になっている水素水を積極的に活用しているという方も多いですが、果たして本当に効果的なのだろうかと疑問を感じている方も多いはずです。
話題の水素水に関する注意点をよく確認したうえで、必要に応じて活用することをおすすめします。

水素水とは

水素水は普通の水に水素分子を高濃度に溶かし込んでいるもので、一見すると普通の水にしか見えません。
水素が豊富に溶け込んでいる水だと考えることができます。
高濃度の水素が溶けている水を活用することでなぜアンチエイジング、老化防止に役立つのかという理由は、人間の老化現象に関係すると言われている酸化と糖化という働きです。

人間の体は年齢と共に老化現象が始まっていきますが、40代くらいになると急激に体の抗酸化力が落ちてくると言われています。
抗酸化力が弱まるということは、体内に存在している余分な活性酸素を除去する力が失われていくことになるため、細胞の老化現象が加速して肌や内臓などあらゆる部分で老化が進みます。
肌にはシワやシミが目立つようになったり、些細なことでも病気にかかりやすくなったり、忘れっぽくなったりするのは全て抗酸化力が弱まったことにより老化現象が始まった証拠だと言われています。

私達の体に存在する活性酸素は、本当であれば体外から入り込んだ細菌などをやっつけてくれる役割があるのですが、紫外線やストレスなどの影響を受けると活性酸素が過剰に増えすぎるため悪い細菌だけでなく体の細胞まで攻撃しだすのです。
これが活性酸素によって酸化したと言われるもので、体が錆び付いた状態になっていると考えることができます。

また、食べ過ぎたことで余ってしまった糖分がタンパク質と結びつくことでAGEsと呼ばれる老廃物に変化します。
これを糖化と呼んでおりいわゆる体が焦げ付いた状態と言えますが、肌のくすみを生じさせたり動脈硬化や脳梗塞を引き起こす原因になると言われています。

酸化と糖化は老化現象だけでなく、病気のリスクも高めるため速やかに改善することが大切ですが、年齢と共に抗酸化力が弱まるためなかなか改善が難しいと言われています。
そこで役立つのが水素水で、余分な活性酸素と結びついて汗や尿として排出させたり、AGEsの生成を抑える働きがあると言われています。

まがい物に注意

水素水そのものは素晴らしい効果が期待できるといえますが、問題になるのが品質です。
様々な水素水が発売されていますが、製造過程がそれぞれ異なるため製品になって消費者の元に届く前に水素が抜けてしまって結局はただの水になっている場合も多いと言われています。
製造方法を確認したうえで、品質に問題がない商品を選ぶことが大切です。