美味しく食べて便秘解消!

若い頃は便秘をすることがなかったのに、年をとったからなのか最近は便秘がちで困っているという声もよく聞かれます。
私達の腸には100兆個とも言われるほど膨大な数の腸内細菌が住み着いています。
腸内細菌には健康に役立つ良い結果をもたらすとされる善玉菌と、逆に健康に害をもたらす悪玉菌、そして私達の体にとってはどちらでもない存在と言われている日和見菌があります。

善玉菌と悪玉菌はそれぞれ全体の1割程度で残りの8割は日和見菌とされていますが、年齢を重ねるほど悪玉菌が優勢になってきて、どっちつかずの存在だった日和見菌まで悪玉菌と化す状態になるそうです。
すると腸内環境は急激に悪化して便秘がちになりガスが溜まっておならの匂いがひどくなるなどの症状が見られます。
腸内環境が悪いまま過ごしていると健康に害を及ぼすことになるため、一刻も早く腸内環境を改善させなければいけません。

便秘を解消するために便秘薬を飲んで無理矢理排便しようとする方もいますが、これでは悪玉菌と共に善玉菌まで大量に失うことになり、結果的には堂々巡りになってしまうのでおすすめできません。
やはり根本的な解決策としては、善玉菌の数を増やして悪玉菌よりも優勢な状態にすることが大切なのです。
そこでオススメなのがヨーグルトを日常的に食べる習慣で、善玉菌の一種・乳酸菌を豊富に含むヨーグルトを食べて腸内環境を良い状態に整え便秘の解消に役立てることができます。
美味しく食べて健康維持に役立ててみると良いでしょう。

ヨーグルトを食べて便秘解消する方法

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内環境を整えるために役立ってくれますが、大事なポイントとして毎日食べ続けることを守ってください。
1回や2回食べただけで何も変化が見られないと止めてしまうのは意味がありません。
私達の腸内環境は日々変化しており、その日の体調や食事内容、生活習慣に応じて大きな影響を受けるのです。

ヨーグルトを食べたことで乳酸菌は一時的に増えますが、すぐに悪玉菌の勢いに負けてしまうことも考えられます。
常に乳酸菌を補充しなければ良い腸内環境を維持できないと考えることが大切なのです。

もう一つ大事なことが食べるタイミングで、乳酸菌は生きたままの状態で腸まで送り届けなければいけませんが、胃酸の影響で壊されてしまう恐れがあるためできるだけ食後に食べるようにすると良いです。
例えば朝食時にヨーグルトを食べる場合にはヨーグルトだけを単独で食べるよりも、先にフルーツやサラダなどを軽く食べてからヨーグルトを食べるようにすると良いでしょう。

日本人の腸内環境に合うと言われている乳酸菌を含むヨーグルトも色々市販されていることから、色々な種類を試してみた結果自分に合っているものを探してみましょう。