介護施設でレクリエーションとしても行われているカラオケ

介護施設などでも楽しく声を出す事が出来るカラオケはリハビリなどにもつながるとしてよく利用されています。
カラオケは大人も子供も大好きですし、勿論年齢を重ねた方も大好きという方が多いです。
最初は人前で歌うという事が恥ずかしいと歌わずにいても、次第にお友達と一緒に、今度は一人で・・・とカラオケを楽しむようになります。

カラオケボックスの利用料も昼間だと長い時間でも安く利用できますし、グループで利用すればかなり安く楽しめます。
介護施設や高齢者の方々が集う集会所などに、カラオケを導入しているという所も多くなっていますが、個人的な趣味としてカラオケを楽しむというのも、認知症予防に効果が期待できるとして注目されています。

カラオケの健康効果はいろいろあります

歌を口ずさむのではなく、大きな声を出して歌うという健康効果は、深く呼吸をするという事で心肺機能の強化に効果が期待できますが、それ以外にも普段のストレス解消にもなり、精神的な健康面での働きもありそうです。

口を大きく開き、色々な形にする、話す時とは違い大きく口を開けるという行為そのものが、食事の際の顎の動きをよくしてくれますし、飲み込みの練習にもなりますので誤嚥予防にもつながります。
顔の筋力を動かすと脳に刺激となる事もあり、脳の活性化という面でもよい効果が期待されます。

歌詞をおう、覚える、思い出す

昔の歌を歌う時など、最初は歌詞を追って歌っている方も、次第に歌詞を見ずに歌うようになります。
昔の記憶をたどりながら歌うという事もありますので、脳内の神経は忙しく働きますし、知らない歌でも覚えようと歌の練習を重ねる際、次第に覚えて空で謳えるようになっていきますので、覚えるという事へのトレーニングにもなります。

これらの古い記憶を呼び起こす作用や新しく物を記憶しようとする作用は、脳にとって非常によい効果が期待出来、回想法と呼ばれる認知ケアにもつながる行動となりますので、カラオケは認知症の予防、改善、また維持の効果も高いと考えることができるのです。

歌を歌うのが苦手、音痴だからとかたくなに謳わない方もいますが、一緒にカラオケに参加する事で、人が歌う歌を聞き、自然と口ずさむというだけでも、歌の歌詞を目で追い、少しでも口を動かし、また楽しい気持ちでいられるという事が心の活性化にもつながります。
楽しく歌うということ以外に、楽しく聞くという事が出来るカラオケは、一人でいる時間よりもずっと、心と体のケアになりますし、人と会えばお話もしますので、よいコミュニケーションの場となります。

勿論一人カラオケでも全く問題なく、楽しく歌って口を大きく動かし、呼吸を深くするという事は非常に健康効果の高いことではないかと感じます。