伝統の国技にユーモアを

相撲は日本伝統の国技とされ、かつては神に奉納するために行われた歴史を持ちます。
現在でも厳かな雰囲気の中で正々堂々の真剣勝負で、大きな体の力士同士がぶつかり合う迫力は、国民に高い人気と支持を得ています。
そんな相撲の世界にユーモアの要素を取り入れた、初っ切りという風変わりな相撲があります。

これは地方巡業やNHKが主催する福祉大相撲等で、取組の前に余興で行われる力士同士の楽しみのあふれた対戦です。
TV放送でも大きく取り上げる事がありませんので、ご存じでない方も多いはずです。
ここで初っ切り相撲の概要と魅力を解説したいと思います。

伝統と異なる反則技のオンパレード

初っ切りに出る力士は幕下以下の力士で、これは一種のパフォーマンスなのでもちろん力士同士の打ち合わせの下で行われる催しです。
例えば、背中に回って足蹴りにしての突き落としを始め、まるでボクシングを戦うポーズで力士同士が軽快にジャブを繰り出したり、プロレスのような技を繰り出したり、普段TVで見る力士と同じマワシ姿で真剣に行うため、ギャップが笑いを誘います。
互いに睨み合って相手を威嚇、あるいは、土俵の真ん中で仁王立ちになり舌戦が始まると単なる口喧嘩に見えるありさまです。

息のぴったり合った漫才やコントをしているように、時にはほうきやヒシャクなどの小道具を持ち出したり、口に力水を含んで相手に思い切り吹きかけたりします。
相撲を基礎にしているとはいうものの反則技の応酬が見どころです。

行司も力士と一緒になって悪のり

基本的には力士二人の対戦なのですが、同じく土俵に上がっている行司も心得たモノで多少の反則には目をつぶります。
時には一緒に悪ふざけに参加して、仕切り直して次のネタへ誘導するツッコミ役を演じたり、場の雰囲気で力士の代わりに相撲を取ったり、普段厳格な行司のユーモラスな姿はさらにユニークです。
勝負の決着をつけるべく行司は片方の力士に軍配を上げるのですが、負けた力士は行司に不満の意思を示し、被っている烏帽子をはたき落とすのが「お約束」となっています。

孫と一緒に楽しめる初っ切り

大相撲のTV観戦はシニア世代では生活の一部である方もいらっしゃるでしょう。
しかしお孫さんはこの中継だと、取り組みと取り組みの間が長く勝負が一瞬で着くことから、一緒に観戦してくれるケースは少ないのが実情です。
初っ切りはTV中継される事は滅多にありませんが、巡業などで見る機会があれば、お孫さんと一緒に見られてはいかがでしょう。

大きな体の力士を目の前にしてユニークな初っ切りが行われるのを見ると、その場を一緒に楽しめるだけではなく、大相撲に興味をもって本場所のTV中継を一緒に観戦出来るようになるかもしれませんよ。