風邪?と安易に考えないで!別の病気が隠れているかも

咳が続く、のどに違和感がある・・・という時、風邪かな?と市販のお薬を飲まれる方も多いのですが、市販のお薬を飲んでも全く症状が変わらないという事なら、病院でしっかり診察すべきです。
というのも、風邪によく似た症状の病気というのは非常に多く、特に高齢者の場合、風邪、ぜんそく、気管支炎、さらに肺炎の初期など、違う病気の可能性もあるのです。

ぜんそくというと周りにも患っている方、慢性疾患として持っている方も多く、そんなに重篤な病気ではないだろうと思っている方も多いのですが、実は命を落とす危険性もある病気で、毎年2000人くらいの方々がぜんそくによって命を落とされているのです。

ぜんそくというのはどういう病気かというと、何かの要因によって気道に炎症が発生し、呼吸しにくくなるという病気です。
要因についてはアレルギーだったり、排気ガス、また刺激の強い臭いなど様々で、特定するのは難しいのですが、これが刺激となって強い発作を起こす可能性があるため、非常に怖い病気と認識してほしいのです。

高齢者の方は気管支炎を甘く見ないでほしい

高齢者以外、健康な方が風邪を引いたという場合でも、のどの痛みや違和感、苦しい咳が続くという場合、しっかりと病院で診察してもらう必要がありますが、多くの場合、気管支の炎症であっても甘く見てしまう方が多く、ひどくなることもかなり多くなっています。

気管支炎は何かの要因から気管支に炎症を起こすという疾患で、呼吸器系の異常については総称した形で気管支炎と呼ばれます。
そのほとんどの原因がウィルスといわれていますが、副鼻腔気管支症候群や肺炎に伴う慢性気管支炎など、その他の要因で発症する気管支炎もあります。

ぜんそくと気管支炎の違いとはどういう部分なのか

ぜんそくも気管支炎も同じような症状があり、この違いは精密な検査を行う事で違いを見るしかありません。
基本的には血液検査を行い、ぜんそく戸気管支炎の違いを確認します。
ぜんそくでは血液中の好酸球が多くなり、気管支炎は好中球が多くなるため、この違いがわかりますが、好酸球が上昇すると呼気の一酸化炭素濃度が高くなるため違いを把握できるのです。

また子供が鳴る病気と思っている方も少なくないのですが、ぜんそくは大人になってから発症するという人もぜんそくを現在持っている人の中で6割いるという事もわかっているため、ぜんそくは決して子どもだけの病気ではありません。
最近は65歳以上の方にもぜんそくが多くなっていることから、大人ぜんそくと呼ばれることもあります。

設備と看護体制がしっかりした介護施設を選ぶこと

高齢になると介護施設の利用が多くなりますが、看護師が在中している介護施設など医療体制や看護体制が整っている介護施設を探すという事も考えなければなりません。
気管支炎は急に発症する事もありますし、ぜんそくはいきなり発作になり死亡する事もある怖い病気です。

急に病状が悪化しても対応できる医療体制があり、看護についてもしっかり設備が整っている介護施設ならぜんそくの持病をお持ちの方も、気管支炎など慢性的な疾患がある方でも安心でしょう。