よく耳にする白内障ってどんな病気?

よくご近所の高齢の方や親類の中で、またご家族の中で白内障の手術を受ける事があると思いますが、白内障という目の病気は高齢の方に珍しくない病気です。
年齢を重ねることで誰でも発症する可能性があり、通常私達がよく耳にする白内障は老人性白内障や加齢性白内障と呼ばれるものです。

目の中にある私たちの目のレンズのような役割を果たす水晶体が何らかの原因によって濁ってしまう病気を白内障と呼ぶのですが、老人性の場合、多くは加齢によるものです。
水晶体は光を集めて眼底にある網膜という部分に光を反射し、今見ている物を映像とするために結び付けるという働きを持っています。

水晶体、網膜などが健康であることで、私たちは何気なく物を見つめそれを映像として捉える事が出来るのです。
しかしこの水晶体の働きが弱くなってしまうと、水晶体でとらえる光が乱反射をおこし、映像を鮮明に映し出すことが出来なくなり、物がかすむなどの目の異常として現れます。

老人性白内障の症状はどういう症状?

老化現象の一つとされる老人性白内障の場合、年齢を重ねていくことで誰もが持つリスクです。
一度水晶体が濁り始めるとその進行を止める事が出来ないため、進行を抑制する、また手術によって水晶体にレンズをはめ込むなどの治療が必要となります。

症状としては水晶体が白濁する事によって黒目部分まで白濁が広がると、物がかすんで見えにくくなります。
さらに進行するとかすんでいたものが見えなくなるという症状が出てきます。
早期に発見して症状が進んでいないという時にはものが二重、三重に見える等、ダブって見える事も多く、室内なら大丈夫だけれど外出して光がたくさん目に入ってくる場所に行くと、まぶしくて物を見にくいなどの症状が出ます。

水晶体が濁っていて光が直接入ってくるような状態になってしまうので、普段何でもなかった光が非常にきつく感じますし、まぶしいという実感があります。
しかし暗いところに行くと視界がさらに狭くなるため、非常に不安感があるというのも白内障の症状として顕著なものです。

どのように治療するのか

白内障も早期の場合、診断で白内障とされても進行を遅らせるための点眼治療ができますが、これは根治治療とならないのでいずれ手術が必要となる可能性が高いです。
クリアな視界を取り戻すためには、濁っている水晶体を除去し、水晶体の代わりとなる眼内レンズと呼ばれるものを挿入する手術が必要です。

以前は単焦点眼内レンズという遠く、近くいずれか一方の焦点を合わせるというレンズが利用されていましたが、現在は多焦点眼内レンズを利用する事が一般的で、単焦点眼内レンズを利用した場合に眼鏡使用が求められたのに対し、多焦点眼内レンズは眼鏡の必要性がないことで、非常に楽になりました。

施術を受ける際にはやはり実績、経験がある専門医による施術が必要となりますので、白内障の施術の実績の高い専門医の診断を受ける事が重要でしょう。