パーキンソン病

50歳以降に多い病気

年齢を重ねると共に様々な病気の発症リスクが高まりますが、50歳頃から発症する可能性が高くなると言われているのがパーキンソン病です。
なぜ発症するのか原因がはっきりとわかっていませんが、大脳の下に存在している中濃の黒質ドパミン神経細胞が減ってしまうことで発症すると言われています。
その結果パーキンソン病の特徴的な症状でもある体の震えや動作が遅くなったり歩きにくくなるなどの症状が見られるのです。
発症すると10年後には寝たきりになってしまうと言われているパーキンソン病について確認しておきましょう。

パーキンソン病とは

日本では難病指定されているパーキンソン病は、どの年代でも発症するリスクはあると言われていますが、特に中年以降の時期に発症する可能性が高くなり、高齢になるほど発症率や有病率が高くなると言われています。
日本では患者数が10万人いた場合100~150人と言われているので、1000人あたり1人から2人は患者さんが存在していると考えられる病気になります。

なぜ発症するのかについてははっきりわかっていませんが、危険因子とされている中に加齢が含まれているのは間違いありません。
どの研究結果においても年齢を重ねるほど有病率が高くなるという結果がでているためです。
この他に仕事中心の生活をしている、内向的で几帳面な性格などライフスタイルが関係しているという説や、動物性脂肪や飽和脂肪酸をよく摂取しているという食生活関連説など様々な危険因子が考えられるとされています。

参考:パーキンソン病とは

パーキンソン病の症状

パーキンソン病の特徴的な症状とされているのが手の震えや歩きにくさ、筋肉のこわばりなどがあげられます。
徐々に動作が鈍くなってきたり、寝返りが打ちにくいという症状が起こることもあります。
前のめりの姿勢で歩くようになり、そのまま転んでしまうという事も多く見られます。

少しずつ表情がこわばるようになってきて表情の変化が見られなくなってきて、便秘や立ちくらみ、うつ状態などの症状も起こります。
知能に関しては正常なままを保てるのも特徴的といえます。

このまま症状が悪化し続けると、10数年後になると寝たきり状態になってしまう場合もあります。
早い段階で適切な治療を行うことが大切です。

パーキンソン病の治療について

治療方法に関しては基本が抗パーキンソン病薬を内服することになります。
脳内で不足しているドパミンを補充することで症状の悪化を防ぐことになりますが、長期間服用をし続けていると効果が現れにくくなったり、無意識のうちに口元が動くなどの症状が見られます。
他にも補助薬を併用することで、できるだけ抗パーキンソン病薬の副作用を予防して効果を持続させるようにしています。
場合によっては外科手術が実施されることも想定されます。