歯周病は全身に関係する症状という事をまず知ってほしい

年齢を重ねると多くなるのが歯周病です。
歯周病といえば歯茎、歯の問題で歯周病があっても死にはしないし、困った事も起らないと考えている方は、まず、歯周病は全身に関係する病気という事を理解していただきたいのです。

歯周病の研究によって最近、歯周病は全身の健康にも深く関係する病気であるという事がわかってきました。
勿論健康な歯を維持するためにも、おいしいものを食べるという事についても、歯周病にならないことは重要な事ですが、全身疾患との関連性を見ると、歯周病の怖さが見えてきます。

歯周病は古くから糖尿病の合併症の一つといわれていますが、糖尿病が悪化すると歯周病も悪化し、歯周病が悪化すると糖尿病も悪化するといわれるほど関連性が深いのです。
糖尿病になれば好きな物を制限されることもありますし、食事内容をしっかり見直す必要も出てきます。
糖尿病以外にも、重篤な病気のもととなる動脈硬化の誘発といった可能性もありますので、歯周病についてある程度の知識を持っておくことは健康に生きるという事を踏まえ、大切な要素となる事なのです。

歯周病によって発症する可能性のある病気

歯周病によって発症する可能性のある病気、また元々持っていた病気が悪化する可能性があるとされる病気には、糖尿病のほかに、誤嚥性肺炎、骨粗しょう症、さらに妊娠されている方は早産・低体重児へのリスク、そして、心筋梗塞、脳梗塞などが挙げられます。

歯周病になっている方の多くが血液の成分が悪い、血液中の脂肪が多いなどから、血管壁に脂肪がくっつき血管内が狭くなり、詰まりやすくなったり、硬く硬化してしまう動脈硬化という状態になっていることが多いです。
完全に詰まってしまった、また詰まらせていた脂肪の塊が血管壁からはがれそれが心臓の方に流れて血管を詰まらせた、脳の血管を詰まらせたとなれば脳梗塞、心筋梗塞などの命を失う危険性の高い病気になる事もあります。

こうした病気を引き起こさないためにも、歯周病をしっかり治療しておくことは非常に大切な事です。

重度になると歯を失う恐れもある歯周病

歯周病となっていることに気が付かずそのままにしておくと、歯周病はドンドン進行し、最悪、歯を失うという事もあります。
常に口腔内を清潔に保つことが必要ですが、なかなか難しいため、歯医者に定期的に通いクリーニングをしてもらう、また歯周病の検査を行い対応する治療を行う事も必要でしょう。

年齢を重ねてもいきいきと健康に楽しそうに過ごされている方の歯を見ると、とても美しい歯を保たれている方が多いです。
歯周病にならないために、糖尿病、高血圧、高脂血症など生活習慣病と呼ばれる病気を持たないことも大切ですが、歯をきれいに保ち、定期的に歯科医に歯、歯茎の検査をしてもらう事も重要な事です。